「占い」と癒しの空間
東京・新宿で真言宗の僧侶が、密教占星術であなたの運勢を占います。
TOP
密教占星術とは
占い内容
占い師の紹介
占い師の役割
料金
予約
アクセス
電話鑑定
お願いとお約束
メディア関連
ブログ
住所
〒160-0007
東京都新宿区荒木町6番地42
AGビル2F


密教占星術とは
密教占星術の概要

密教占星術は、平安時代に唐(中国)から伝わった星占いです。弘法大師空海が唐より持ち帰った密教の経典に基づき占うのが密教占星術であり、当時の政治などにも取り入れられました。

その的中率ゆえに江戸時代には幕府により封印されましたが、密教の僧侶らによって密かに受け継がれ、現在に至っています。

その内容は明治時代になってから一般にも知られるようになりましたが、もともと密教は師から弟子に「一子相伝(いっしそうでん)」によって受け継がれるものであり、占術の詳細は門外不出の秘法です。

特徴

密教占星術は生年月日によって占います。

生まれた日に「月」がどこに位置していたかによって宿命が決まり、性格、才能、運勢など、多くのことが導き出されるのです。

月が天球を一周するのに約27日かかることから、導き出される宿命も27種類となります。

また、恋愛や仕事のパートナーなどとの相性を鑑定する場合は、それぞれの組み合わせの相性は27×27=729通りとなり、詳細な占い鑑定が可能となります。

特に、恋愛の相性では、「相手との今後の展開がどのようになるか」「相手と付き合う上で気をつけなければいけない点はなにか」などのように、知りたいことが詳細に分かるので、自分の望む展開に発展させることも可能となるのです。

つまり、知らなければ大事に至るような問題を事前に回避することができ、自分で運命を引き寄せることが可能になるということでもあります。

さらに、自分の能力などを上手に活かすことで、仕事の成功にもつながります。

このように、密教占星術で自分の宿命を知ることは、人生において多くのメリットを得ることになるのです。

|               | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 |
Copyright (C) 2008 占いと癒しの空間 ガネーシャ All Rights Reserved.
本文へジャンプ